目の上のたるみ(皮膚切除)

■適応 「重たい感じのまぶた」や「目の上の皮膚が垂れ下がって視界をせまくしている」ような場合に適応があります。
■方法 局所麻酔で行います。 年齢を重ねると、まぶたの外側の皮膚がたるみ、視界をさえぎるようになってきます。目の上のたるみとりでは、特にその余っている外側の皮膚を多めに取り除きます。視界が広がり、目の上がすっきりします。切開したところは二重まぶたのラインになります。

目の上たるみ切開法

■価格 目の上たるみとり(皮膚切除) ¥378,000(両側)

症例写真

目の上の外側の皮膚が垂れ下がり、視野が狭くなった状態を改善。

皮膚のたるみが解消され、たるみのせいで無くなっていた二重まぶたが復活しています。

目の上たるみ

施術前 1ヵ月後

BEFORE

AFTER :施術後1ヵ月

施術前 1ヵ月後

BEFORE

AFTER :施術後1ヵ月(閉眼)

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承下さい

■補足事項

目の上の傷は二重まぶたのラインとなり、目立ちません。

皮膚表面は透明の糸で縫合し、抜糸は5~7日目でおこないます。

傷跡は細かく縫いますので目立ちません。

■リスク・副作用・合併症について

内出血、腫脹、左右差、後戻り、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線、瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。